子供プログラミング教室

しっておきたいプログラミング教育のメリット、デメリット

プログラミング教育の図

2020年から小学校でもプログラミング教育がはじまっています。

ただでさえ教科が多いのにプログラミング教育なんてやる必要あるの?

どんなメリットがあるの?

デメリットはどんなこと?

そんな疑問について解説します。

 

プログラミング教育のメリット

プログラミング教育の図

簡単にプログラミング教育のメリットについてまとめました。

問題発見、解決能力が身につく

習い事スキル身につけるの図

プログラミングを学びはじめると、自分がコンピューターにやらせたいことが必ずうまくいくわけでないことに気がつきます。

そうなると何が原因でどうすればうまくうごかせるかを考えることになります。

原因をしらべて追跡して解決するといった経験は、子供にとって有益な学びになります。

問題発見、解決能力が身につき、むずかしい社会でもたくましく生きていける力になりそうですね。

 

プログラミング的思考が身につく

プログラミング的思考

プログラミング学習のポイントとしてプログラミング的思考を身につけることがあります。

あまりなじみのない言葉ですよね

文部科学省の「小学校プログラミング教育の手引き」の中で表現されています。

簡単に要約してみると、

  • 自分でやりたいことの
  • 手順や組み合わせを考え
  • 問題があれば直しながら
  • やりたいことを完成させる

このように論理的に考えることを「プログラミング的思考」としています。

「プログラミング的思考」が身につけば目標に筋道を立てて考えて行動できるようになります。

このように、プログラミング的思考は将来どのような職業につくとしても役に立つ考え方として学ぶわけです。

 

他の教科の学びが深まる

プログラミング教育は新しい教科として学ぶわけではありません。

今ある教科に組み込まれて学ぶことになります。

例えば

  • 音楽の授業でリズムを刻むプログラミングを組み合わせて音楽を作る
  • 算数の授業で正三角形をプログラミングで描く

といった具合です。

教科とプログラミング教育の組み合わせ、何年生からはじまるのかはこちらをどうぞ小学校のプログラミングの授業はいつから?しらべてみました

 

プログラミングが今以上に求められるスキルになる

将来の選択肢

経済産業省の資料によると、労働人口(とくに若い世代)は減少していきますがインターネットやコンピューターを使った情報処理に強い人材は今より求められることが予想されています。

具体的には2030年には約79万人の人材不足になるそうです。

今のうちからプログラミングを学び抵抗なく活用できれば、将来の需要にもこたえられる人材として大きな強みになります。

 

将来の仕事の選択肢を増やすことができる

将来の選択肢が増える図

プログラミングができると仕事の幅を増やすことができます。

多種あるプログラム言語ですが、それぞれの使い方はどの国でも一緒なので、使えるようになれば海外の人と仕事をするといったことも可能です。

将来の仕事の選択肢をふやすことにつながります。

 

創造力をやしないアイデアを形にすることができる

プログラミングを覚えると、パソコンをつかってゲームやソフトをつくるといった工作ができるようになります。

アイデアを形にできるようになるので、将来特許や起業といった選択もできるようになるかもしれません。

 

プログラミング教育のデメリット

メリットデメリットの図

プログラミング教育にはコンピューターが欠かせません。

コンピューターと常に向き合うことのデメリットがあることにも注意しておきたいところです。

 

ネットリテラシーを意識する必要がある

情報リテラシーの図

プログラミングの勉強をすることでインターネットの情報にふれる機会が増えます。

でもインターネットは色々な人が情報を発信していて、有益な情報もあれば出どころ不明の情報もあります。

インターネットの情報全てを鵜呑みにするのではなく

  • 情報は比較してみたり発信元が信頼できるか調べてみる
  • 個人情報やアニメや映画、音楽など著作権のあるモノを勝手に発信しない
  • いかがわしいサイトをみない
  • 誹謗中傷をしない

こんな点を意識して利用する必要がありそうです。

とくにネットでの誹謗中傷などは加害者となって処罰されたり賠償請求の対象になってしまう例もあります。

インターネットの情報に振り回されず、親子で情報モラルやネットリテラシーの向上を意識していきたいところですね。

 

目が悪くなる可能性

眼精疲労の図

どうしてもモニター画面などを見つめる時間が増えてしまうため、目の疲労がたまったり視力低下の原因になりがちです。

長時間モニターを見つづけないよう休憩をさせるなど、すこし管理が必要になるかと思います。

 

家庭でもできる3つのプログラミング学習方法

こどもがプログラミング学習に興味をもったら、もっと伸ばしてあげたいですね。

小学校の授業だけでなく家庭でもできるプログラミングの学習手段をピックアップしました。

私自身もためしてみた結果を含めてまとめます。

Scratchをさわってみる

Scratchはマウスと簡単なキーボード操作だけでプログラミングすることができる無料のビジュアル型プログラミング言語です。

パソコンとインターネットがあれば、無料でだれでもすぐにプログラミングにふれることができます。

意外とかんたんに感じるかもしれません。

まずはさわってみると新しい発見があるかとおもいます。

 

プログラミング関連の本で学習してみる

一冊読んでみるだけでもプログラミングってどんなものなのは理解する勉強になります。

今後もプログラミングを学ぶきっかけとしては最適です。

まずは一冊読んで書かれていることをなぞるだけでも学びになると感じました。

 

プログラミング教室を受講する

プログラミング教室

本や動画などを参考にすれば独学する手段はたくさんあります。

でも理解したつもりになってしまう可能性もないとはいえません。

ゴールがあまりはっきりしていないように見えるので続けることがむずかしいと感じることも。

やはり専門の講師に教えてもらうのが、時間的にも学習効果としても効率がよいことは間違いありません

今は無料の体験受講を開催しているプログラミング教室が多くあります。

お子さんの相性などもありますので、まずは体験受講してみてはいかがでしょうか。

無料体験受講できる教室、本受講する際の費用の目安などの情報はこちらにまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

【体験比較】小学生のオンラインプログラミング教室おすすめランキング

-子供プログラミング教室