仕事を押し付けてくる人の対応と対策【全力で回避】

仕事を押し付ける人の図

こんにちは、ひろすです。

会社務めしているとなんでも仕事を押し付けてくる人いますよね。

何かと難癖をつけて自分の仕事を押し付けてきたり、あの手この手で。

私も会社員を20数年やってきたなかで、そんな人を観察しつつ対策してきました。

仕事を押し付ける人には特徴があります。

もしも先輩や上司から仕事を押し付けられてお困りでしたら、ぜひ本記事を読んでみてください。

仕事を押し付けられる状況から脱出できるようになるかと思います。

仕事を任せられているのか押し付けられているのか区別

区別の図

この違いはとても単純。

対応した成果が自分の物になるか、人の物になるかだけ。

仕事を押し付ける人は「○○に指示を出し対応させることで結果を出した」という自分のリーダーシップを手柄にします。

仕事を任せる人は「○○の対応で結果が出せた」と対応した人の成果を強調します。

いずれにしても自分が対応した成果なのでしっかり評価面談や評価シートに記録を残しましょう。

仕事を押し付ける人については次の対応で対策できます。

仕事を押し付けてくる人の対応

対応の積み重ねの図

対策の結論は、話を聞く、返答するといったレスポンスをマジメにしないこと。

マジメさはアダとなることがあります。

これから上げる点を意識することでだいぶ変わってくるかとおもいます。

話す人と話すべきでない人を分ける

コミュニケーションを意識して聞き上手に徹しようとすると、どんな人の話も聞いてしまいがちです。

話を聞いてくれる人の方が人として魅力的に思えます。

でも仕事をする時に限っては、受け身の聞き上手は必ずしもいいことではないようです。

仕事を押し付けられない人を観察してみると話す人と話すべきでない人を区別していることに気づきます。

仕事では聞き上手に徹する必要はありません。

仕事を押し付けてくる人の話相手にならない

普通の世間話から仕事への協力を絡ませることがあります。

他人の仕事とはしっかり線引きしないとズルズル引き込まれて、いつの間にか自分の仕事になってしまいます。

すべての同僚、上司を疑う必要はないですが、その傾向が強い人を感じたら話はそこそこにして切り上げるのが吉。

話相手にならないコツは時間を区切ってしまうことです。

これ見よがしに腕時計かスマホの時計を確認して、「次がありますので」と途中でも話しを切り上げて有無をいわさず離れてしまってもよいですね。

はっきりとした意思表示と言い方を意識する

わかりやすくはっきりとした言い方を意識すると、意思表示がしっかりできる人という印象を受けますよね。

仕事を押し付けてくる人と会話する時は特に意識します。

会話でもわからないことはわからないと答える。

その時は無理に絡まないようにするため「わからないけど教えてくれなくてもいい。」という意思表示もします。

仕事の優先順位と重要性を把握する

次項の「断る」ことに直結してきます。

自分の持っている仕事の優先順位や重要性を常に把握しておきます。

自分の仕事状況を理由にして断ります。

あいまいな回答をすると期待を残してしまうので、具体的な「○○の対応があるのでできません。」とできない旨をはっきりと伝えます。

タスクの管理を徹底していると自信を持って断ることができます。

しっかりと断る

断ることってなかなか勇気がいるときがあります。

特に上司から仕事を押しつけられると無理と言えず、残業してまで頑張ってしまうことがあります。

「仕事を任せられている」のか「押し付けられている」のかを都度見直します。

自分の評価やスキルの向上につながるかどうかで判断します。

そのうえで、「断る」ときはしっかりと断ります

仕事を断る時に意識すべき点についてもまとめた記事があります。ぜひこちらも参照してみてください。

相談する

いままでのことを意識して対応していれば、仕事を押し付けてくる人は少なくなっていると思います。

でもパワハラで押し付けてくる人も中にはいます。

無理にケンカする必要はありません。

今のご時世、パワハラで評価が消し飛ぶことは十分にあることです。

状況を説明しても仕事を押しつけられて困るときは、上司に。

上司に押し付けられているときは上の上司に相談です。

自分のタスクの状況を説明して理解を求めます。

それでも環境改善しなければ、職種変更、異動願いで良い環境を求めていくことも手段として有効です。

まとめ

まずは、仕事を任せられているのか押し付けられているのかを確認してみます。

その上で仕事を押し付けてくる人に対しては、話を聞きすぎないように調整していきます。

はっきりとした意思表示と会話を時間で区切るなどは有効な手段です。

自分のタスク管理と断る意志をもってのぞめば、状況は改善していくかと思います。

最後に本記事に関連した一冊の本のご紹介。

嫌われる勇気」です。

自己啓発本として非常に有名な本です。

他人の課題と自分の課題を分けて考えることの重要性についてアドラー心理学をもとに語られています。

自己啓発本というと若干の抵抗感がある方もいるかと思いますが、読んだことで考え方の引出しが増え対応できるようになることがあります。

人によく思われたい、認めてもらいたいという承認要求を隙としてついてくることも仕事を押し付ける人の特徴ですので、それと決別することの必要性についても語られている一冊です。

モヤモヤしたものを感じていたら、ぜひ本書を読んでみてください。

おすすめの一冊です。

以上、「仕事を押し付けてくる人の対応と対策【全力で回避】」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました