子供プログラミング教室

小学生がプログラミングの習い事をしても意味がない?

プログラミング初心者のイメージ図

 

「小学生が習い事としてプログラミング教室に通うのはあまり意味がないのでは?」

そんな疑問ってありますよね。

 

『プログラミングを学ぶことは良いとしても、教室に通う必要はあるのかな?』

『独学じゃだめなの?』

関連していろいろ疑問もわいてきます。

 

私自身は独学でプログラミングを勉強していましたが、なかなか習得とまでいたらないこともあり、こどもにはプログラミング教室を体験させています。

やはり小学生からでも初学のうちは独学ではなく、プログラミング教室で習う方がよいと考えています

小学生がプログラミング教室に通うことの意味、独学での学習についても説明します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

先にプログラミング教育のメリットデメリットについて少し詳しく調べるならこちら→しっておきたいプログラミング教育のメリット、デメリット

 

小学生のプログラミング教室は意味がない?

小学生のプログラミング教室の図

プログラミングは生きていくうえで必ず必要ではないけれど、プログラミングができた方が将来の選択の幅が広がります。

子供のうちからプログラミングにふれていけば苦手意識をもたずに身につける機会にも。

効率よく学習するならプログラミング教室で習うのが一番ですよ。

体験してみてわかったプログラミング教室の特長を順番に説明します。

 

小学生向けのプログラミング教室で教えてくれること

小学生のプログラミング教室でよく教えられているのがスクラッチという言語です。

ビジュアル型プログラミング言語とよばれるもので、むずかしい英語をつかわなくてもマウス操作とかんたんなキーボード入力だけでプログラムを組むことができます。

スクラッチ自体はプログラミング学習用の言語なので、それを将来の仕事として使うということはむずかしい

でもプログラミングって言語も重要ですが、組み方や考え方を学ぶことのほうがもっと重要なんです。

将来違う言語を覚える時でも考え方は応用がきくからです。

例えば「わからない」ことがでてきた時、

・なにいってるのかちんぷんかんぷんで、どうしていいかわからない・・・

・なんだろう?わからないけど、ちょっとしらべてみよー

「わからない」でも前者と後者ではまるでちがうのですが、考え方の基本があると後者で進めることができるようになります。

プログラミング教室では、プログラミングの組み方や考え方を教えてくれます

 

プログラミングに興味はあるけど、何から勉強していいのかわからないとき

ステップの図

小学校から授業でも始まることになっていますが、新しい教科として学習するわけではありません。

なのでプログラミングに興味をもったとしたら、独学するか教室に通うことになります。

プログラミング教室ならカリキュラムを通してアイデアをゲームなどの形にしたり、発表する機会がある教室も多いです。

まずは動かすこと、その中で思いついたアイデアをゲームにしてみたり、作る工程の一通りの流れを通して学習します。

プログラミング言語をただ覚えるだけの味気ない学習はとは違い、 まず覚えたことをすぐに使ってみる、ものを作ってみるといったことまで教えてもらえるので興味を失わず続けていけます。

 

小学校でプログラミング学習する内容についての詳細はこちらにまとめています。

よろしければご参照ください→小学校のプログラミングの授業はいつから?

プログラミング学習の独学は可能?

プログラミング学習の図

プログラミング学習の手はじめとして学ぶスクラッチですが、本もYoutubeでも参考となる資料がたくさんあります。

スクラッチ自体も無料で利用することができます

つまり学校にいかなくてもプログラミングの学習は可能。

独学で進めることができれば費用も最小限でお得です。

要領のよい理解が早い子であれば、プログラミング教室でカリキュラム通りに教わるより自主的に進めて行った方が早く覚えていける子もいるかもしれません。

 

プログラミング学習の独学のむずかしいところ

プログラミングで悩む子の図

プログラミング学習の独学は可能ですが、なかなかつづけていくのがむずかしい。

「可能であること」と「実際にできる」は別のものなんだなと感じることがあります。

特にこどもにとってむずかしい点をまとめます。

モチベーションの維持がむずかしい

やっぱり独学ってむずかしいんですよね。

まず、プログラムに関しては本を読むだけでなく手を動かして試行錯誤する必要があります。

そして目標とその目標までのルートを自分で決めなければならない。

作品となるアプリやゲームの完成のため手をうごかす量もふえるので、手順を考えるだけでなくモチベーション維持も必要。

こどものうちは、わからないことが多いのでこれがなかなかむずかしいかと思います。

さらに比較したり競争する相手を見つけにくい点でもモチベーションの維持がむずかしいことがあります。

 

わからないことの解決に時間がかかりすぎる

プログラミングわからない図

わからないことが発生したとき解決までに時間がかかりすぎるのも難点です。

基本的なことは独学でわかっても少し応用をきかせたこと、例えば自分でアイデアをだしてゲームを作ってみようとした時や組んだプログラムが思ったような動作をしなかった時。

あれ、なにから始めればいいの?と止まってしまうわけです。

これが続くとつらくなってきます。

そんな時に教わることができる環境があるのとないのとでは解決までの時間のかかり方がちがいます

独学でも掲示板やYahoo知恵袋などで教わることもできますが、回答をもらえるタイミングがいつになるのかわからない・・・。

ネットの情報は玉石混合。

分かりやすい回答もあれば、むずかしかったり、時にはうそ情報もまじることもあります。

情報をえらびとれるITリテラシーが必要になってきます。

時間がかかることが増えるとそれだけでいやになってしまい、結局プログラミング学習がつらいものとなってしまいます。

独学で進めるのはお金がかからず良いのですが、やはりわかる人に常に教えてもらえるのが一番かと思います。

 

まとめ

プログラミング教室で小学生が習うプログラミング言語は学習用であり、プログラムの組み方や考え方を学ぶことができます。

プログラミングのスキルはすぐには身につかないので、こどものうちからふれて親しむ環境をつくってあげることは将来にプラスになります。

独学でもプログラミングは学習できますが継続がむずかしいところです。

どう考えてもわからない時、聞いたり相談したりする環境を開拓できるかどうかがミソ。

そんな点を考えプログラミング教室に通わせるという選択をしてみてはどうでしょうか。

 

無料のオンラインプログラミング教室の体験受講を探していたら、何校か受講した様子や特徴をまとめました。

不明な点や疑問点についても調べていますので、事前にどんなものかしっておきたいなら読んでみてください→【体験比較】小学生のオンラインプログラミング教室おすすめランキング

-子供プログラミング教室