子供の習い事のお悩み

こどもの習い事の送迎が大変・・・親の負担をやわらげる5つの方法

習い事の図

あなたのお子さんの習い事の教室は家から近いですか?

少しはなれた教室に一人で行かせるのは正直怖いですよね。

「声掛け事案」発生の連絡も時々小学校からメールで送られてくるので心配になります。

 

私は車で子供の習い事の送迎をしていました。

習い事の送迎なんて、最初にちょっと面倒なだけですぐ慣れると思ってました。

でも学校から帰ってきた子供を急かして車に乗せて送っていくのがだんだんシンドクなってきます。

行きはよくても嫌なのは帰りです。

 

夕方の太陽は眩しいし、帰宅ラッシュで渋滞していて事故しそうでこわい。

やっぱり習い事は送迎が大変だし時間もとられるのでやめさせようかな?と考えることがしばしばありました。

でも子供のためを思うと、シンドイなんて言ってられない

子供には自信を持てるスキルを身につけさせてあげたい。

習い事スキル身につけるの図

 

今はいろいろ試行して、習い事の送迎の大変さから解放されました

本記事では習い事の送迎の大変さをやわらげる手段を5つご説明します。

もしお悩みでしたら最後まで読んでみてください。

ゆとりのある生活の図

  ☆無料のオンラインプログラミング教室の体験教室について調べるなら→【体験比較】小学生のオンラインプログラミング教室おすすめランキング

 

習い事の送迎の大変さをやわらげる5つの方法

こどもを送迎する図

習い事の送迎の大変さをやわらげる5つの方法をご説明します。

最初におはなししますと、ぜんぶにメリットとデメリットがあります。

デメリットをふくめて検討する必要がある点にご注意ください。

 

習い事の待ち時間を有効活用

習い事の送迎で何が一番大変かというと時間管理ですよね。

子供の習い事を中心にスケジュールしなければならなくなってしまうからです。

そこで送迎の間を中心にして買い物する時間にあてる工夫で解決します。

時間を有効に活用するといった点ではすぐれています。

とはいえたまにならいいけど・・・習い事の時間に合わせて買い物をするのも強制されているように感じてストレスにはなりますね。

 

同じ習い事を通うこどもをまとめて送迎できるようにママ友と相談

ローテーションの図

同じ習い事を通う親同士でローテーションを組んで送迎できるようにします。

ローテーションの日でなければかなり負担が減るのが良いところです。

 

デメリットとしてはローテーションのルールをしっかり決めておかないと難しい点です。

そもそも、だれもお抱え運転手なんてやりたくないのでローテーションをしっかり組めることと、ローテーションを守れなかった時はどうするのか決めておくことが大事。

習い事を続けることを考えるとずっと続きます。

乗せて行った車で事故を起こしたり、事故に巻き込まれたら・・・ 送迎によその子もいるのは気も使うので結構な負担です。

負担が続くと不満もたまってきます。

もちつもたれつがうまくいかないことあるので、よほどの仲のいい家族ぐるみの付き合いでない限りはやめておいたほうがよさそうです。

 

土日でできる習い事にする

習い事運動系

平日で共働きだったりすると仕事と家事のあわただしさに付け加えて、習い

事の送迎時間が割り込んできます。

でも土日だけに限った習い事を選ぶというのも良いです。

たとえばサッカーや野球といったスポーツの習い事、英会話といったものよく目にするところ。

平日はゆっくりできるので習い事の送迎のわずらわしさから解放されます。

ただし土日が習い事中心になってしまうので、休日に家族でお出かけとかは少しガマンがいるのがネック。

習い事の送迎サービスと契約する

シッターを雇って送迎してもらうといったサービスもあります。

習い事の月謝とは別の費用がかかる事が難点。

こどもが何人もいると費用が大変ではありますね。

こういう手段もあるという点では検討してもいいかもしれません。

 

送迎の手間を考えた上で習い事を決める

習い事の図2

そもそも教室までが遠いと車で送迎したり時間がかかります。

無理して遠い教室に習わせると親がしんどくてつづかない。

そこで近場の教室を探して変更みてはどうでしょう。

 

ただし、今まで通って先生とも親しくなった子供が教室を変えるのを嫌がるかもしれません。

実行するなら「送迎がしんどいこと、その教室に1人で通わせるのは心配であること」を子供とよく話をしたほうがいいですね

親の都合で習い事を調整するのは悪いことではありません。

親が無理すると必ず子供にしわ寄せがいきますから。

 

結論はオンラインの習い事ですべて解決

プログラミングする子供の図

習い事の送迎の大変さを和らげる方法はいくつかありましたが、デメリットもそれぞれにあります。

デメリットを頭に入れつつ実践すればかなり送迎の負担は下がるとおもいます。

一方、そんなデメリットも頭に入れておく必要もない手段があります

送迎の手間が一切かからないのがパソコンを使ったオンラインの習い事です。

大事なのは「子供が興味をもって続けることができる」と「親がしんどくない」の両立

これができないと子供の習い事はどこかにしわよせがいって続けられなくなりますね。

でもオンラインの習い事なら両立ができるものが多いです。

例えばオンライン英会話やプログラミング教室です。

やはり今のイチオシはプログラミング教室ではないでしょうか

小学校でもプログラミング授業が始まり、2025年からは大学の共通試験の科目にもなります。

またソフトやアプリといったモノを作れるスキルというのは将来の働き方の選択肢を広げてくれます。

もし、無料のオンラインプログラミング教室の体験教室について調べるならこちらの記事を参照してみてください。 →→【体験比較】小学生のオンラインプログラミング教室おすすめランキング

以上、「こどもの習い事の送迎が大変・・・親の負担をやわらげる5つの方法」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では。

-子供の習い事のお悩み