安くて簡単なホームセキュリティ・パナソニックのスマ@ホームのホームユニットを使ってみた

「留守の時、不審者や空き巣が入ってこないか心配だ。」

「夜寝てるときだれか入ってきたらどうしよう」

不安に思うことありますよね。

警備会社との契約がおすすめですが「警備会社のホームセキュリティは、結構たかいなぁ・・・。」と思われるかも。

警備会社の安全安心はベストですが継続費用がかかります。

「通報や確認は自分でするので、もっと安くて留守にしている時や寝ている時を監視する方法はないかなあ」といった要望があれば、パナソニック スマ@ホームのホームユニットを使用することは最適です。

十数年の警備会社勤務の経験を元に、ホームセキュリティ環境を自作してみました。

月額無料で簡単にホームセキュリティが導入でき、留守の時や寝てるときの防犯対策としても非常に有効です。

ぜひご参考いただければと思います。

パナソニックのスマ@ホームのホームユニットで何ができる?

パナソニックホームセキュリティ 在宅警戒

警備会社のホームセキュリティではないので、通報や対応は自分でしなければなりませんが、留守や就寝中でもセンサーとカメラで侵入者を監視、スマートフォンに通知することができます。

非常に安価にホームセキュリティを導入できて、その防犯抑止力で留守の時や寝てるときの不安を解消してくれます。

機能をまとめるとこんな感じです。

・寝ている時など在宅中の警戒、留守中の警戒、警戒を解除するといった基本的なホームセキュリティの機能が利用できる。

・警戒中の自宅をセンサーが監視し、センサーが反応するとスマートフォンに通知してくれます。

・センサーが反応すると、センサーとホームユニットのスピーカーから警告音を鳴らします。

・カメラを使用すれば、留守中の家の中や周辺をいつでも確認できます。マイクとスピーカを通して会話もできます。屋内屋外合わせて4台まで登録できます。

・警戒作動をさせればカメラは各種のセンサーと連動して自動で録画したり、カメラ自体のセンサーで動くものを検知し自動で録画できます。

・離れた一人暮らしの人が無事に生活しているか確認できる「みまもり機能」も利用できます。

ホームセキュリティ環境を自作する上で必要なもの

ホームユニット本体画像

必要なものはインターネットの環境Wifi無線LANルータ、そしてパナソニック スマ@ホームのホームユニットになります。

後は必要に応じて扉と窓の開け閉めを監視できる開閉センサー、内部の空間を監視できる人感センサー屋内カメラ屋外カメラとなります。

注意点として、インターネットの環境がソフトバンクエアーなど無線のインターネット回線の場合、通信が途切れるなど利用に不都合なことがあるのでご注意ください。

グローバルIPアドレス[IPv4][IPv6を用いたIPv4]が付与されるインターネット接続環境が必要となります。

ちなみに私の家はドコモ光、プロバイダーはnifty、ルーターはバッファローを使用しています。

外出先から本体にアクセスする時だけ10~30秒の時間がかかりますが、特に問題なく利用できています。

パナソニックのホームユニットとカメラとセンサーを設置してみた

我が家は一戸建てなのですが、11か所の扉と窓に開閉を監視する開閉センサーを設置します。

他に空間を監視する人感センサーを2台、屋内カメラを1台設置することにしました。

1戸建ての自宅にセンサーを設置

・1階の玄関ドア、勝手口ドア、窓、2階のベランダ窓の合計11か所に開閉センサー11個設置。

・玄関と2階寝室に人感センサーを1個ずつ設置。

・リビングの空間監視と確認用に屋内スイングカメラ1個設置。

設置も設定も、とても簡単にできました

ホームユニットをコンセントにつないで、無線LANルータと接続の操作をしてから、スマホにアプリをダウンロードしてパスワード設定して完了です。

センサーも基本的にはアプリの設定画面の指示にしたがって、ボタン操作のみ

扉と窓に開閉のセンサーをつけるときは位置で迷ったものの、全部で11個のセンサー設置とカメラの設置で2時間くらいでした。

なお人感センサーは壁にねじ止めするので、アパート等で設置する時は注意が必要です。

ホームセキュリティとしての使い方

外出するときはアプリの警戒(留守)ボタン、家で夜寝てるときや外出しないときは警戒(在宅)、朝起きたら解除でOKです。

パナ@ホーム スマホ使用画面


ちなみに留守モードで作動させるセンサーや在宅モードで作動させるセンサーは、個別に設定もできます。

「今日はこの窓のセンサーだけ止めておきたい」といったときも設定で簡単にできます。

センサーが反応して通知がきたときはこんな感じです。

スマホでのホームネットワーク通知例
スマホでのホームネットワーク通知例2
スマホでのホームネットワーク通知履歴

センサーが 反応した時の具体的な行動

センサーが反応してしまったときは、カメラの映像をみる、建物の窓や扉などの外周に異常がないか確認することになります。

不審者が侵入した形跡があれば警察に通報します。

センサーが反応した後、自分一人で家を確認する場合は注意が必要です。

いきなり玄関から中に入ると不審者と鉢合わせとなってしまうかもしれません。

そんな時の為に、さとられないケガしない警備員の家の確認方法をまとめましたので参照にしてみてください→【帰ってきたら家の様子がおかしい】家で不審者と鉢合わせしない方法

寝ている時や家にいる時に窓や扉のセンサーが反応してしまったときは、スマホですぐに通報できるようにしておきます。

iPhoneなら操作は簡単。

iPhoneのサイドボタン(または上部のボタン)を素早く5回連続押しで緊急通報ができます。

その他くわしくはこちらを参照してください→【防犯・不審者対策】iPhoneを使った簡単な非常通報の方法

パナソニックのホームユニット、センサーの購入手段

家電量販店でも販売されていますが、やはりアマゾン、楽天、Yahooといったネット通販を利用したほうが安いです。

注文から手元まで1日から2日前後で届くかと思います。

ホームセキュリティ環境を自作するなら、ホームユニット本体1台が必ず必要となります。

あとは設置したいセンサー、カメラを必要に応じて追加で購入していきます。

カメラを利用するのであれば、録画用にMicroSDカードを別途1枚だけ準備する必要もあります。

今回のホームセキュリティ購入費用総額

全部で8万5000円くらいでした(2019年末時点)。

屋内カメラの記録を残したいのでSDカードも追加で購入しています。

月額は無料、維持費はセンサーの電池代となります。

パナソニックのホームユニットを使ってみて気づいたこと

使用してみて気づいたことをまとめてみました。

使ってみて気になった点

・反応した通知が来たら、アプリアイコンにバッジが表示されないので記録に気が付きにくい。

ただし、iPhoneであれば正面画面の通知センターに表示されるので不便を感じたことはありません。

・火災センサーとつなげない。パナソニックの火災報知器も発売されていて簡単にできそうなので、そこだけは残念。

・本体はバッテリ内蔵ではないので停電に弱い。無停電電源装置(UPS)設置などで代用は可能。

・登録しているスマホはユーザーと管理者の権限を分けることができない。家族が誤って登録を変更、消してしまうことには注意が必要。

・警戒、解除の記録は残っているものの、だれのスマホで実行したのかはわからない。

・扉や窓につける開閉センサーの色が白しかない。黒い窓わくに白いセンサーだとけっこう目立つ。

使ってみて良かった点

・大手警備会社にくらべ圧倒的に安くホームセキュリティを自宅に導入できます。月額も無料。

・寝ている時など在宅中の警戒、留守中の警戒、警戒を解除するといった基本的なホームセキュリティの機能はしっかりサポートされている。

・スマホのアプリで簡単な操作。センサーが反応すれば即スマホに通知がきて対応しやすい。

多機能なパナソニック屋内カメラをホームセキュリティに利用できる。これは大手警備会社のホームセキュリティには無い利用方法。

パナソニック屋内カメラを設置すれば、映像をスマホでみて侵入者か関係者か判断できる。音声で通話や威嚇など的確な反応がしやすい。

パナソニック屋内カメラは動体検知機能があるので室内の空間監視のセンサーとしても利用できる。セキュリティプランニングの中心的なセンサーとしても有効に活用できる。

・ホームユニット本体も警告音を鳴動させるので侵入者に威嚇できる。

・開閉センサーは反応すると警告音をセンサー自体が出すので、不審者への威嚇にもなり、どのセンサーが反応したかもわかりやすい。

・登録、設定もスマホのアプリのボタン操作だけで簡単。

・ホームユニット本体はACコンセントさえあればいいので、Wifiの電波が届く範囲でどこにでも設置できる。

最後に

ホームセキュリティ機器として実際に使用してみると操作も簡単で使いやすく、センサーとカメラもしっかり仕事をしているので安心を感じました。

夜寝てるときもセンサーが窓やドアを監視して、開けられれば大音量で警報が鳴るのですぐ気が付きます。

侵入や盗難に対して保証があるわけではありませんが、家の監視をいつでも簡単にスマホでできるお手軽感がいいです。

より安くホームセキュリティリティを利用したいといった要望には十分応えてくれます。

自作ホームセキュリティ環境を作るなら、まずはホームユニットと屋内カメラを入手して簡易に利用するところから始めようにしてみてはいかがでしょうか。

ホームセキュリティの最低限の環境が作れて操作に慣れることから始めることができます。

ホームユニットと屋内カメラがセット価格でお得です。

屋内カメラとホームユニットを入手して使ってみた後、ドア窓監視の開閉センサー、人感センサーなどを追加してホームセキュリティ環境を構築していくのが良いです。

その他センサー設置場所の選別の方法や防犯効果が高まる使い方、運用についてホームセキュリティ環境自作の為の全てをまとめています。

こちらの記事もご参照ください。

ホームセキュリティ環境を自作する全ての手順と運用まとめ【パナソニック スマ@ホーム】

以上「安くて簡単な自作ホームセキュリティ・パナソニックのホームユニットを使ってみた」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました